何でもない日常のしあわせ

いつも通りの朝。
何気ない朝の始まりが、私にとってのしあわせな今朝の出来事。

目覚ましのアラームで目が覚めたら、隣に夫が居て、おはようのハグとキスで2人そろってほんの少しの二度寝。

2度目のアラームでようやく起きて支度を始めます。

クリスマスで作った鶏の丸焼き。
夫婦2人では食べきれず、残った身と骨をじっくりコトコト野菜と煮込んだチキンスープと、炊きたてのご飯が、今朝の朝ご飯。

あったかいご飯とスープで、身も心もあたたまりました。
いつものように夫が「美味い」と美味しそうに食べてくれて、私はとっても嬉しくなります。

ご飯を食べたら急いで仕事に行く支度をして、家を出る前には必ずハグとキス。
そして「今日もがんばろうね」と励まし合います。

家を出て、夫は駐車場へ。私は駅方面へ。
それぞれの方向へ進む時にも「気をつけてね」「いってきます」「いってらっしゃい」とキスをして、仕事へ向かいます。

手を振る先に見える、夫の眠そうな笑顔を見ると、思わず笑い出しそうになりながら。

毎日やってくる朝。
何でもない日常の始まりですが、私にはいつも愛する人がそばにいて、何気ない日常もとってもしあわせに感じました。

そんな毎日がこれからも続きますように。http://www.academysask.com/