吹奏楽仲間からのサプライズ

私は地元の吹奏楽団に所属していましたが、家庭の事情で現在退団中です。しかし、楽器を吹きたい一心で現在再起に向けて個別練習をしています。

練習はいつも夜にある家の防音室をお借りしていますが、本日も同じ場所で行う予定です。私自身こっそり練習して再入団した際にみんなを驚かせようと思っていました。

しかし、練習を一人でやると無性に孤独になっていく自分がいました。音楽はすごく大好きで楽器を吹くのは楽しいのですが、練習になるとうまくできたりできなかったりの繰り返しで、だんだん落ち込んでいくのが判りました。

退団した事情が事情であるため、致し方ないのは重々承知ですが、やはり納得できない自分がいるのは確かです。そんな中、仲間からLINEが入りました。

内容を読むと、一緒に練習をやろうと言ってくれました。実はお借りしているお宅は、吹奏楽団を立ち上げていただいた方で私には内緒で仲間に連絡をしていたようでした。

その連絡をもらった時、とてもうれしく思い、また、仲間というものは大事にしなければならないと思いました。本日の練習がとても楽しみです。http://www.itacalbania.org/