満州事変などを勉強しました

勉強をしました。国内ではロンドン海軍軍縮問題・満州事変などにともない、軍部の青年将校や国家主義者を中心とする急進的な国家改造運動が活発になってきました。青年将校・国家主義者は、日本の行き詰まりをもたらしたとして財閥・政党などの責任を問い、彼らを直接行動によって倒して軍部中心の内閣をつくり、内政・外交の大転換をはかろうとしました。1932年に入ると、右翼の血盟団員が政治家や財閥の幹部を暗殺する事件がおこり、また5月15日には海軍青年将校らが犬養毅首相を官邸におそい、暗殺した五・一五事件がおこりました。この事件の影響は大きく、もはや政党内閣の継続は難しいと見た元老は後継首相として政党関係者を推薦せず、引退した海軍大将の斎藤実が首相となりました。ここに、大正末年から8年間続いた憲政の常道は否定されました。政府は1932年9月に日満議定書を結んで満州国を正式に承認しました。しかし翌月にリットン調査団は報告書を公表し、満州における日本の権益は認めるものの、満州国は自発的な独立運動によって成立したのではないと結論しました。デオシークの口コミ・効果※子供は?デオシーク・クリアネオ・ノアンデ比較